歯周病とは?

久留米市の歯周病・噛み合わせ治療ガイド >> 歯周病とは?

top

成人の約80%が感染している歯周病

成人の約80%が感染している歯周病

「口臭が気になる」「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが黒っぽくなってきた」といった症状は、歯周病のサインかもしれません。歯周病は成人の約80%が感染している、もしくはその予備軍と言われるほど私たちにとって身近な病気で、不十分な歯みがきが原因となっていることが少なくありません。

歯周病は細菌(歯周病菌)を原因とする感染症なので、適切な処置やケアを行えば予防することができます。まずは、ご自身の口内環境を正しく理解することが治療への第一歩。まずはセルフチェックをしてみましょう。

歯周病チェックシート

以下のチェックボックスで一つでも該当するポイントがある方は、歯周病の疑いがあります。チェック項目が多ければ多いほど深刻な可能性がありますので、すぐに久留米市の歯医者「くすだ歯科医院」までご相談ください。

歯に歯垢や歯石がついている感じがする
歯を磨くと歯ぐきから出血がある
歯ぐきの色が赤い(もしくは赤黒い)
歯ぐきがムズムズする感じがする
歯ぐきが腫れているような気がする
歯が動いているように感じることがある
歯が長くなったように感じることがある
歯と歯の間によく食べカスなどが挟まる
歯ぎしりやいびきがあると指摘された
たばこを1日10本以上吸う
口臭が気になるようになった
不規則な生活を送っている
朝起きると口内がネバネバすることがある

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病(歯槽膿漏)は細菌の感染で起こる炎症性の疾患です。歯と歯肉の境目などに歯垢が蓄積してしまうと、その中に潜む細菌が炎症を起こして赤くなったり腫れたりします。初期段階でほとんど自覚症状がないというのは虫歯と同じですが、歯周病の場合、ある程度進行しても虫歯のように痛みを感じることはほとんどありません。

歯周病が進行すると、炎症によって歯周ポケット(歯と歯肉の境目)がどんどん深くなっていきます。ひどくなると歯槽骨(歯を支える土台となる骨)が溶かされてしまい、歯がグラグラと動くようになり、やがて最後は歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病の原因

歯周病を招く要因として多いのが、不十分な歯みがきです。ブラッシングが十分でないと歯垢や歯石がみがき残しとして溜まってしまい、歯と歯ぐきの境目に細菌が繁殖します。1mgの歯垢に含まれる細菌は、何と1億個以上。歯肉が腫れたり歯の表面がはがれたりした後で、歯周ポケットができてしまいます。

唾液に含まれているカルシウムやリン酸は歯垢の中に棲みついている細菌と結合し、歯周ポケットの深いところにどんどん侵入していきます。その結果、歯周病が悪化してしまうのです。

歯周病の進行過程

top

健康な歯茎

  • 薄いピンク色の歯肉
  • 歯と歯の間の歯肉が三角形に尖っている
  • 歯みがきの時に出血しない

次へ

top

軽度歯周炎(歯肉炎)

  • 歯と歯ぐきの境目が赤く腫れる
  • 歯みがきの時にすぐ出血する
  • 口臭がする

次へ

top

中等度歯周炎

  • 歯と歯の隙間が空き、食べ物が挟まる
  • 冷たい物や熱い物がしみる
  • 口臭がきつくなる
  • 前歯が出っ歯になった感じがする

次へ

top

重度歯周炎

  • 歯がグラグラと揺れる
  • 歯槽骨が溶け、歯肉が下がって歯が伸びたように見える
  • 歯肉を押すと膿が出る

WEB予約はこちら

bottom

  • カウンセリング
  • 歯周病とは
  • かみ合わせとは
  • 歯周病治療
  • かみ合わせ治療
  • セカンドオピニオン

メニュー

  • 費用について
  • Q&A
  • 医院案内・スタッフ紹介
  • オフィシャルサイト

くすだ歯科医院
ホットニュース


ご予約・お問い合わせはこちら 0942-48-8887