歯周病の治療

久留米市の歯周病・噛み合わせ治療ガイド >> 歯周病の治療

top

正しい検査と治療で歯周病を改善しましょう

正しい検査と治療で歯周病を改善しましょう

歯周病は成人の約80%が感染している、もしくはその予備軍と言われている病気です。重症化すると歯を失いかねない怖い病気ですが、初期段階であれば少ない負担で早期改善が見込めるため、放置せずに検査や治療を受けるようにしてください。

また、治療を受けるのも大事ですが、歯周病にかからないように歯みがきや定期検診を行ってしっかり予防することも大切です。どうすれば効果的に予防できるのかを理解し、久留米市の歯医者「くすだ歯科医院」と一緒にお口の健康を守りましょう。

歯周病の検査

ほとんど自覚症状がない初期段階の歯周病は、歯科医療機関で検査を受けなければ正確な診断ができません。医療機関では、「プロービング検査」「CT・レントゲン検査」「プラーク染め出し検査」などによって歯周病の状態をくわしくチェックします。

プロービング検査

歯周病の基本的な検査です。プローブという針のような器具を歯と歯肉のスキマに差し込んで歯周ポケットの深さを測定し、その深さから歯周病の進行度合いを把握します。健康なポケットの深さは1~2mm程度。しかし、歯周病になると3mmを超える深さになり、重症になると10mm以上プローブが入る可能性もあります。一見すると健康な歯肉でも症状が進んでいることもあるため、注意が必要です。

エックス線検査

エックス線写真により歯槽骨の状態を調べるのが、エックス線検査(レントゲン検査)です。歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされてしまうため、歯肉の下にある歯槽骨の喪失量や骨吸収の度合いをエックス線写真によって測ることで、どの程度悪化しているのかを知ることができます。なお、エックス線の被ばく量は1年間の日常生活で浴びる放射線の数百分の1程度なので、ご安心ください。。

プラーク染め出し検査

歯周病になる直接の原因は、歯垢の中に潜む歯周病菌。治療や予防のためには、お口の環境を整えることでこの歯垢を減らしていかなければなりません。プラーク染め出し検査は、染色液を用いて歯垢の付着度合いを調べるのが目的です。色が変わった部分(歯垢が付着している部分)を肉眼で確認して記録することで、再発防止のための指標としても活用できます。

「プロービング検査」「レントゲン検査」「プラーク染め出し検査」の他にも、当院では必要に応じて歯ぐきからの出血検査、歯の揺れ検査、歯周病原菌の細菌検査などを行っています。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療に際しては、初めに「歯周基本治療」と呼ばれる処置を行います。歯周基本治療は歯周病の進行の程度にかかわらず行われるもので、急性症状の緩和、炎症や痛みの軽減、歯周疾患の進行抑制などが目的です。当院では以下の処置を行っています。

プラークコントロール

プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢を除去することです。自宅でのセルフケアが基本ですが、歯科医院で専用機器を用いて実施するケースもあります。基本治療によって歯周組織が改善され、歯周ポケットが浅くなればメンテナンスに移行します。

スケーリング ルートプレーニング
歯の表面や歯根付近に溜まった歯垢や歯石をスケーラーと呼ばれる機器で除去する方法です。 キュレットと呼ばれる機器で歯の表面の歯石、毒素、微生物などの表層を除去し、ざらざらな表面をツルツルに仕上げます。

歯周再生治療・根面被履

重度の歯周病を治しましょう~歯周再生治療~

歯周病や噛み合わせの治療に力を入れている久留米市の歯医者「くすだ歯科医院」は、重度の歯周病で歯を支える歯槽骨を失ってしまった方に対して、「歯周再生治療(歯周組織再生療法)」を行っています。大切な歯を残すためにできることがありますので、重度の歯周病でも諦めずに当院へご相談ください。

歯周再生治療には、自身や動物などの骨片を使用して骨の再生を促す「骨移植」、メンブレンという特殊な膜を使用して骨の再生を促す「GTR法」、エムドゲインゲルという薬剤を使用して骨の再生を促す「エムドゲイン法」などの選択肢があります。当院では、エムドゲイン法による歯周再生治療を行っています。

エムドゲイン法とは?

エムドゲイン法は、歯周外科手術を施す部位にエムドゲインゲルという薬剤を塗布し、歯の発生過程に似た環境を再現することで、失われた歯周組織の再生を促す方法です。歯科先進国として知られるスウェーデンの「ビオラ」社が開発・生産するエムドゲインゲル(世界30ヶ国以上で採用)には歯が生えてくるときに重要な役割を果たすタンパク質が含まれており、このタンパク質の作用で歯ぐきや歯槽骨を以前と変わらない状態へと導きます。

症例によっては、エムドゲイン法が適用できないケースもあります
くわしくは、当院へ直接ご相談ください

治療の流れ

top

step01

麻酔を行い、患部の歯肉を切開します。

次へ

top

step01

切開した部分の歯肉を骨から剥離させます。

次へ

top

step01

歯肉をきれいに清掃します。

次へ

top

step01

患部にエムトゲインゲルを塗布します。

次へ

top

step01

歯肉を縫合して完了です。手術は1時間程度で終わります。

歯根の露出は見た目以外にも問題あり?~根面被履~

歯周病の悪化によって歯を支える歯周組織が破壊されると、歯ぐきが後退して歯が長くなったように見えます。歯周病の治療が終わった後も失われた歯ぐきは元通りにならず、歯根の露出した状態になるため、笑ったときの見た目を気にされる方も多くいらっしゃいます。そんな方におすすめなのが、根面被覆です。

根面被覆とは?

根面被覆は、歯肉を移植して見た目を改善する手術です。上顎などの一部から結合組織を採取し、これを歯ぐきが後退してしまった歯根部分に貼り付けて縫合します。そのまましばらく置くことで歯ぐきが再生、見た目も知覚過敏の症状も改善されます。

知覚過敏について

歯根が露出した状態は見た目がよくないだけでなく、冷たいものがしみる知覚過敏が起きやすくなります。知覚過敏の症状が悪化すると、歯ブラシが当たるだけでも痛みを感じるようになるため、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くためのブラッシングが不十分になりがち。そうなると、さらに歯周病が悪化してしまいます。

知覚過敏の原因

知覚過敏を招く原因は、歯周病だけではありません。こちらでは、知覚過敏になってしまう原因についてご紹介します。多くの場合、歯を守っている表面のエナメル質が溶けたり欠けたりすると知覚過敏になりやすくなることを覚えておきましょう。

強すぎるブラッシング 歯ぎしり・食いしばり
硬い歯ブラシで力強く歯をみがきすぎると、表面のエナメル質が削れて知覚過敏になりやすくなります。 無意識下で行われる歯ぎしり・食いしばりは歯にとって大きな負担。歯が割れたり欠けたりする原因になります。 酸の強い食物を摂っていると歯が溶けやすくなります。酢、ビール、柑橘類、果汁飲料などは要注意です。

歯周病の予防

正しい検査と治療で歯周病を改善しましょう

歯周病は、歯垢の中に潜む細菌が歯ぐきの炎症を引き起こす病気です。細菌はバイオフィルムという薄い膜を作り、歯に付着してしまいます。このバイオフィルムは一度できてしまうとなかなかとれにくいため、バイオフィルムをつくらせないような日々のお手入れが欠かせません。ざらざらした歯石があるとバイオフィルムができやすくなってしまうため、毎日の丁寧な歯みがきと歯医者での予防処置できれいな歯を維持しましょう。

歯周病をしっかり予防したい方には、歯科医院で受けられる歯のクリーニング「PMTC」も効果的です。PMTCは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字をとった言葉で、専用の機械を使った歯のクリーニングのこと。歯垢、歯石、バイオフィルムはもちろん、軽度の着色汚れまで落とせ、口臭予防まで期待できます。

WEB予約はこちら

bottom

  • カウンセリング
  • 歯周病とは
  • かみ合わせとは
  • 歯周病治療
  • かみ合わせ治療
  • セカンドオピニオン

メニュー

  • 費用について
  • Q&A
  • 医院案内・スタッフ紹介
  • オフィシャルサイト

くすだ歯科医院
ホットニュース


ご予約・お問い合わせはこちら 0942-48-8887